甘利康文の多摩小道工房

「多摩の小道工房」亭主、東京は多摩地区に住んでいる会社員、甘利康文が書く趣味・実用のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アマリ式マイティマウス非分解掃除法

「アマリ式マイティマウススクロール機能復活法」
~ アップルマイティマウスを分解せずに簡単に掃除する方法 ~
甘利康文
The Ultimate Method to Restore the Scroll Function of the Apple Mighty Mouse
(Clean up Tips of the Scroll Ball Hole without Opening up the Mouse)
Yasufumi Amari, Tokyo Japan

We have developed the clean up method of the scroll ball hole and the inside scroll rollers of the Apple Mighty Mouse without dismantlement. The Amari’s Mighty Mouse clean up method is as follows:

アップルマイティマウスを「分解せずに」かつ「誰もが簡単に」、スクロールボール、及びそれにより駆動されスクロール機能を提供するマウス内部にあるローラー部分を清掃し、スクロール機能をほぼ新品同様にまで復活する方法(アマリ式マイティマウススクロール機能復活法)を考案したので紹介する。


「アマリ式マイティマウススクロール機能復活法」
~ アップルマイティマウスを分解せずに簡単に掃除する方法 ~
甘利康文
The Ultimate Method to Restore the Scroll Function of the Apple Mighty Mouse
(Clean up Tips of the Scroll Ball Hole without Opening up the Mouse)
Yasufumi Amari, Tokyo Japan

We have developed the clean up method of the scroll ball hole and the inside scroll rollers of the Apple Mighty Mouse without dismantlement. The Amari’s Mighty Mouse clean up method is as follows:

Things to be prepared:
  1. A toothbrush with extremely thin tapered bristles like DENTOR SYSTEMA toothbrush in Japan (used one is no problem if dried)
  2. A vacuum cleaner with a nozzle head
  3. A melamine sponge form or a clean lint-free cloth to clean up the scroll ball

Things to do:

  1. Insert the bristles planted at the head of the toothbrush into the openings around the scroll ball.
  2. Vibrate the toothbrush carefully to scrape off the dust around the rollers in the scroll ball hole and vacuum up the dust with the nozzle head placed near the scroll ball hole. In the case of vacuuming, upside-down style of the mouse might be preferable to remove the dust from the scroll ball hole efficiently.
  3. Wipe the scroll ball with the melamine sponge form or the lint-free cloth lightly moistened with water to clean the dirt on the surface of the scroll ball like the Apple’s recommendation.

Try the Amari’s Mighty Mouse clean up method and enjoy your happy computer life with the restored scroll function of the mouse.



1.はじめに

アップル社のマイティマウスが提供するスクロール機能は非常に便利であるものの、スクロールボールについた汚れでダメになることが多発することが報告されている。

筆者の使っているマイティマウスのスクロール機能も例外ではなく、使って3ヶ月でスクロール機能がおかしくなった。なんとかスクロールボール周りの汚れを取り去り、スクロール機能を回復することは出来ないかと、ネット検索で発見した「アップル社オリジナルの掃除方法」「両面テープを使う方法」も試したが、完全復活までにはなかなか行かない、もしくは清掃に経験とコツが必要であり、誰もが簡単にできるとまでは行かない等の問題があった。

ネット上にはマイティマウスの分解掃除を試みた報告も多数なされているが、分解することにより、アップル社のメンテが受けられなくなるのみならず、分解掃除の過程でマウスそのものを壊してしまったという例も見られた。

これらの経緯から、マイティマウスを「分解せずに」かつ「誰もが簡単に」、スクロールボール、及びそれにより駆動されスクロール機能を提供するマウス内部にあるローラー部分を清掃し、スクロール機能をほぼ新品同様にまで復活する方法(アマリ式マイティマウススクロール機能復活法)を考案したので紹介する。

2.準備するもの


  1. 超極細毛の歯ブラシ(デンターシステマ歯ブラシ等) 乾いてさえいれば使い古しで十分
  2. ツル口をつけた掃除機
  3. メラミンスポンジフォーム(毛羽立たない布等でも可)
Fig.1 Tools to Restore the Scroll Function
Fig.1 Tools to Restore the Scroll Function

3.清掃の仕方

  • スクロールボールを指で押さえた時に出来る隙間に「超極細毛の歯ブラシ」のブラシ先端部の毛を挿入する。スクロールボールの奥にあるローラー部分を清掃するのが目的であるので、注意深く奥深くまで挿入する必要がある。

Fig.2 Insert the bristles of the Toothbrush into the Openings around the Scroll Ball  Fig.2 Insert the bristles of the Toothbrush into the Openings around the Scroll Ball
Fig.2 Insert the bristles of the Toothbrush into the Openings around the Scroll Ball

  • 歯ブラシを細かく振動させ、ローラー部に絡みついた汚れをこそぎ落とす。この際、掃除機のツル口(吸い込み口)を歯ブラシの毛のすぐそばにおいて掃除機の電源を入れ、歯ブラシによってこそぎ落とされた汚れをすぐに吸い出せるようにしておく。マウスの上下を逆さにした体勢で行うと重力でゴミが落ちやすい。

Fig.3 Vibrate the Toothbrush and Vacuum up the Dust
Fig.3 Vibrate the Toothbrush and Vacuum up the Dust


  • スクロールボールの前、後、右、左の4カ所においてこれらの作業を行う。
  • 最後の仕上げとして、水で湿らせよく絞ったメラミンスポンジフォーム(もしくは布)で、スクロールボール表面についた汚れを拭き取る。拭き取る方法はアップル社推奨のマイティマウス掃除法に準ずる。

Fig.4 Wipe the Scroll Ball like the Apple’s Recommendation
Fig.4 Wipe the Scroll Ball like the Apple’s Recommendation


4.おわりに

この方法で、スクロールボール周りの汚れにより使えなくなったアップルマイティマウスのスクロール機能を、新品時とほぼ同等の形で、簡単に取り戻すことが出来る。かつ、マウスを分解したり、潤滑・清掃剤を使ったりすることがないためアップル社のメンテが受けられなくなることもない。また、両面テープを用いた清掃法のようなコツも不要である。良いことずくめの方法ではあるが、実施に際しては自己責任で実施されたい。

よく指摘されているマイティマウスのスクロール機能不全は、この清掃ノウハウにより根治可能である。ここで紹介した「アマリ式マイティマウススクロール機能復活法」は、マイティマウスの作業性をほぼ新品時と同等にまで簡単に復活させる手法であることから、特にこのマウスを業務に使用している場合に有効である。この方法により、多くの人がマイティマウスを投げつけてしまいたい欲求から解放されれば幸いである。


<参考情報>

http://docs.info.apple.com/jarticle.html?artnum=302417
http://mm5150.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/mightymouse_rep.html
http://www.digi-mac.jp/archives/50255802.html

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0608/10/news023.html
 等

その他「マイティマウス 掃除」で多数検索ヒット


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。